研究所案内

理事長あいさつ

理事長 林 英樹
その人らしく生きられるように共に支え合います

 当公益財団法人は初代岡山大学学長で元精神科教授の林道倫(みちとも)によって、1952年に設立されました。設立時の挨拶で林は、「今日、正常な社会生活を送ることができない精神障害者の不幸と家族の絶望に思いをいたすとき、この病気の苦しみと辛さは、まことに言語に絶するものがあります。…今後は研究をさらに深めることによって、病理の全般を明らかにし、病克服の法を講じていきたいと思います。そしてこの附属病院でもって、理想的治療病院の範をしめしてゆきたいと考えております」と述べました。まだ、日本でコントミンが発売されてない時代でした。
 1973年林道倫が88歳で没し、病院の診療体制は危機に瀕しました。その時、全国から38名もの医師達が応援に駆け付けて下さって診療を継続することができました。

 1976年東京都立世田谷リハビリセンターより南雲與志郎が院長に着任し、林の創立の理念を受け継ぎ再建が進みました。南雲は5か年計画を策定しながら施設整備を進め、急性期からリハビリまでの治療の流れを確立しました。また、家族会を結成し、1981年市民組織「林友の会」に改組しました。
 1985年新南棟の竣工時に南雲は、「精神科病院はその固有の役割を充実させるとともに、地域・福祉のネットワークの中で積極的な役割をもつことがますます要求されるであろう。それは多様化し増大する精神科医療の需要に入院・外来の医療で対応するとともに、慢性化した患者の生活療法を含めた社会復帰活動、デイケア、訪問看護などの病院機能と地域を結びつけて拡大することを意味する。この課題をどこまで現実化できるかにわれわれの歴史的使命がかかっている」と述べております。
 病棟の機能分化とともに、外来ではデイケアとともに訪問看護に取り組み、地域には共同作業所や共同住居が開設されました。やがて地域での生活や就労を援助する福祉法人「あすなろ福祉会」や「結い」が誕生し、現在も先進的な活動を展開しています。
 その後も精神科医療・福祉への需要に応え、1999年認知症専門病院「岡山ひだまりの里病院」を、2003年「けやき通りメンタルクリニック」を開設しました。

 2002年より私が理事長を拝命いたしました。この間に精神科における援助は、「医学モデル」から「生活モデル」に変わりました。精神科病院は、当事者やご家族のニーズを多くの関係機関と連携して援助し実現してゆく機能が求められます。これが理念である「その人らしく生きられるように共に支え合います」に表されています。
 地域にはグループホーム、生活支援センター、就労支援事業所、認知症施設、ヘルパーステーション等が次々と設置されました。現在は様々な機関との連携が可能となり、南雲の言葉通り地域・福祉のネットワークが広がっています。
 しかし社会資源や社会保障制度の整備はまだ充分とはいえません。貧困格差も生まれました。当財団の事業所では「いのちの平等」を大切にするため無料低額診療を実施しており、差額ベッド料はいただきません。そして林友の会や当事者の方々と連帯しながら医療や社会保障制度の改善運動に取り組んでおります。こうした活動が実を結び、2012年県下でいち早く「公益財団法人」の認可をいただくことができました。
 今後も、法人設立理念を引き継ぎ、多くの方々と協力しながら精神科医療・福祉の向上に尽くしてゆく所存です。

PAGE TOP